Google
 

2007年11月12日

表現・さわやか「ポエム」

@下北沢駅前劇場

 客演の佐藤貴史演じる片岡が、同じく客演・柳沢なな演じるミミに対する片思いというか偏愛を描いた話。基本はそうですけど、ほとんどその印象が残らないままナンセンスに進んでいった(笑)。

 前回の「そこそこ黒の男」でも感じましたが、これを演劇に括ると微妙で、逆にシティボーイズのような方向を持った作品だと捉えると個人的に整理ができます。シティボーイズから少し足は遠のいてますが、こういう型で素直に楽しめる作品を探すのは難しそうなので、やはり後から考える上で足を運んでいきたいなと。WOWOWで観た「モーゴの人々」も楽しかったし。

 本作自体はやはり基本ストーリーをベースにしたコントの連続というイメージで、片岡というよりも、ななが実際交際していた野茂(岩本靖輝)の周囲にいる人間模様が楽しめた。「新ネタできたの?」は、アドリブだったのか台本通りだったのか今も気になるところ。また、過去作品から連続したコントが確認できたので今後へのメモ書き。LONG BIG長井大、時報三兄弟。ひょっとしたらマッスルショーも去年の山崎春のパン祭的な系譜にあるのかもしれない。

 オープニングに使用された楽曲。実は去年も気になっていたんですが、この1年でPerfumeやMEGで中田ヤスタカ音楽を知ったことで、「これは中田ヤスタカなんじゃないか」と。とりあえず、PerfumeをAmazon発注かけましたが、どうやらcapsuleの「jelly」が使われていたっぽい(黒の男か、ポエムのどちらかは自信ありませんが。)。それ以外にも聴いたことのある楽曲が何曲か。既存楽曲を使っているから、映像作品として表舞台に出るのは厳しそうかな。

 前回公演の「そこそこ黒の男」と違って、恐らく全席が指定席。狭いと言えば狭いけれど、前方に詰め込むだけ詰め込んでいた自由席がなかった分、前回ほどは圧迫感が無かった気もします。それと、当日席と思われるK列をF列とG列に挟み込んで、開演直前時スペースを作り上げていたのは面白かった。

 次回公演は2008年11月。その前の5月には猫のホテル「けんか哀歌(仮)」が本多劇場にて公演予定。

union: 表現・さわやか「そこそこ黒の男」
http://meza.seesaa.net/article/28213260.html

http://h-sawayaka.com/

「jelly」のリミックスバージョンを収録。iTunes(リンク)でも販売されているのでチェックされるのも吉。


capsule rmxcapsule rmx
capsule

ヤマハミュージックコミュニケーションズ 2007-10-10
売り上げランキング : 330
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


購入が保留状態だったものの、本公演経由で購入を決定。相変わらず決断タイミングが変な私。


Perfume~Complete Best~(DVD付)Perfume~Complete Best~(DVD付)
Perfume

徳間ジャパンコミュニケーションズ 2007-02-14
売り上げランキング : 41
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by MEI at 01:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇・芸術
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/65980099
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。