Google
 

2005年02月13日

2月12日までの読了物。御緩慢玉日記など9冊

御緩漫玉日記 (1) 御緩慢玉日記1巻、医龍6&7巻、ハチミツとクローバー2巻、覇 -LORD-1巻、極道一直線3巻、スーパーOLバカ女の祭典4巻、じゃりン子チエ25&26巻。

 御緩慢玉日記1巻。筆者の桜玉吉氏が以前住んでいた調布に住んでおります。実際、私はそれほど気にしていなかったんですが、仕事で北陸に旅立った友人と調布で飲んだときに、彼の著作に登場したい喫茶店に行きたいと言われ、行った。初めてだった。うーむ、長々と住んでると駅から自宅までのルートしかなくなるけど、たまには地元探索もしなくちゃいかんなぁーとちょいと思った。しかし、エロい。

 医龍6&7巻。またもや6巻から7巻に流れ買い。バチスタチームに麻酔医が加わるも、加藤助教授の教授への道が絶たれつつあったりと、激動。あぁ、8巻でんかなぁ。

 ハチミツとクローバー2巻。今回も電車の中で拝読。26歳ですから周りは気になりませんが、真山と山田の関係にドギマギです。はぐと竹本と森田は、まだまだというところでしょうか。

 覇 -LORD-1巻。武論尊と池上遼一が描く三國志。漢と書かせてオトコと読ませるパターンはありますが、雄と書いてオトコってのはなかなか(笑)。内容も一般的な三國志と比較すると、ぶっとんでますな。

 極道一直線3巻。相変わらずバカです。しかし、この作者の作品が3巻まで到達したことに個人的に感動。

 スーパーOLバカ女の祭典4巻。こちらも相変わらずバカで安定。で、作者の山田まりお氏が明らかにボーイズラブな単行本の発売を確認したわけだが、これは流石に買えないような気がするなぁ。つーか、電車ではまずよめない(苦笑)

 じゃりン子チエ25&26巻。本で紹介されてお店が大変なことになったり、ミツルのおじさんが花井先生の本を出して賞をとったおかげで、ミツルがストレスで……。となりつつも、テツが寝小便ぐせが。そして、またしてもお正月がやってきました。これで何回目だろう(笑)。
posted by MEI at 00:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | コミック・書籍

2005年01月24日

1月23日までの読了物。砂ぼうずなど10冊

砂ぼうず (1) 砂ぼうず1巻〜4巻、ハチミツとクローバー1巻、無限の住人1巻、羊のうた4巻、エマ4巻、EDEN8巻、じゃりン子チエ24巻。

 砂ぼうず。東京大砂漠で、便利屋の砂ぼうずを主人公に繰り広げられるストーリー。友人からお借りして、ただ今4巻まで読み終わった次第ですが、タイトルだけで勝手に妄想していた内容と比べると随分明るめの作品かなというのが印象。もちろん、実際にはこういうアプローチでも十分面白いわけですが、個人的にはちょっと違うかなと行ったこところです。

 ハチミツとクローバー1巻。どこかで面白いという評判を聞きつけ購入したんですが、少女マンガですな。コレ。実は今回初めて買った気もしなくもありません。内容は美術大学でのお話ですが、1巻までではオイラでも引くことなく読めた感じ。継続確定。

 無限の住人1巻。EDENに続いて、買おう買おうと思っていたアフターヌーン系列のコミック。結論としては、買って良かったなと。時代物です。ちなみにアマゾンのマーケットプレイスみたら軒並み10円台で販売されてます。10年以上前の作品だからしょうがないとはいえ(´・ω・`)

 羊のうた4巻。全7巻だったはずだから、4巻で丁度折り返しといったところですかね。1巻と比べると、人に冷たく接しているかという、理由も絵が帰れているとはいえ、随分千砂が弱々しくなった。

 エマ4巻。単行本発刊分についてはようやく読了〜。イギリスを離れたエマでしたが、再びイギリスへ。そして、再会。ちょっと目頭が熱くなりつつ。

 EDEN8巻。今回もターンと死んでしまうわけですが、何というか人の業を背負い背おられという雰囲気の死に方殺し方ではありました。ちなみに8巻、巻末に4コママンガなぞがおまけでついているわけですが、下手なエロマンガよりエロい。それはそうと、最初の巻で一緒に戦っていた彼らは今どこにいったんだろう……。

 じゃりン子チエ24巻。ようやく、完全に、半分まで到達しました。チエや初期から登場している人物は、年齢や設定が変わってないんですが、後から登場してくる人物(特に子供)が成長していくという状況を作者自ら明らかにな巻(笑)。大胆だ、大胆すぎる。
posted by MEI at 01:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | コミック・書籍

2005年01月17日

2月発刊のコミック購入メモ

・4日
 DEATH NOTE5巻
 :即購入。

・8日
 舞-HIME2巻
 :実は1巻が即売り切れてたらしいので、早め早めの購入予定。

・26日
 ケロロ軍曹10巻
 :多分というかフィギュアはいらないので、通常版を予定。

・28日
 ホムンクルス5巻、医龍8巻
 :前者はすぐに。後者はまだ7巻まで辿り着き次第購入します。

・26日
 プー一族3巻
 :4コママンガはうっかり忘れた頃に新刊が出るなぁ(苦笑)

それはそうと、モーニングの「ポンズ百景」が2月売りの2巻で完結するらしい。ジャイアントも先週分で終わっちゃったし、あとは2004年終了予告でやっぱり終了しなかった蒼天航路が終わったらどうしましょうという状況がいよいよやって参りました。

今のところ、ビックコミック系の雑誌に寝返るか、案外単行本を買っているアフタヌーンなど数冊を毎月買っていくかを考え中。
posted by MEI at 01:16 | Comment(0) | TrackBack(2) | コミック・書籍

2005年01月05日

1月5日の読了物。医龍など7冊

 7冊。医龍4、5巻、じゃりン子チエ22、23巻、夫婦な生活1巻、舞-HiME1巻、ケロロ軍曹8巻。正月なので暇にまかせて、結構読み込めました。

医龍―Team Medical Dragon (5) 医龍45巻。4巻でいよいよバチスタ手術が始まって、どわわっと盛り上がったところで次巻に続くなんて!と、我慢できずに5巻を急いで購入。手術後のエピソードは、看護師・里原嬢の朝田との出会いが何話か続く。それにしても各キャラともに、驚いたときの表情が実に面白い(笑)

 じゃりン子チエ2223巻。猫エイハブと猫モービーディックからはじまり、コケザルのテツ商法、地獄組のこりない組長と続く22巻。23巻は、ヒラメ好きな周センセの太極拳&相撲教室と、テツに子供?騒動。両巻通じて登場するコケザルは、ラーメン餃子店を開いてある程度人生に目処がつきはじめたカルメラ兄弟に続いて、何とも言えないわびしさを感じますな。

 夫婦な生活1巻。芳文社系列の4コマ誌に掲載している、結婚生活3年目な4コママンガ。と思ったら、連載当初はコミックと4コマが併載されとったんですねぇ。後半には随分今に近い絵柄になりますが、最初の数話は随分違います。とりあえず最近と比べると、感極まりやすい田中さん(?)などが登場してきていません。今後、どうやって登場してくるのか楽しみ。

 舞-HiME1巻。テレビ、ラジオとそれぞれ内容が違うらしい、メディアミックス。友人T氏が大いにはまったらしいので、つらつらと購入してみたわけですが今のところコミックの方がおもしろかな。といってもアニメは2話までしか見てないので判断がつかないんですが。

 ケロロ軍曹8巻。これでやっと一番最初に買った9巻と繋がるるる(泣。内容的には各巻通じた安定性をあるものの、個人的にはもう1つ爆発的には笑いがこないという贅沢な悩みを持っております。ちなみに10巻は通常版を買います(笑)
posted by MEI at 01:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | コミック・書籍

幸村誠、新連載「VINLAND SAGA」

 週刊少年マガジンの20号から連載開始らしいです。4月13日売り。沖田総司のお話以降は、新作を見ていなかったので非常に楽しみなわけですが、週刊連載になるのか、隔週なのか、それとも月1になるのか、どうなんでしょう(^-^;。プラネテス連載時は、後半は偉いスパンが開いていたので……。

 というわけで、マガジンの公式サイトを備忘録がてらにメモメモ。

・週刊少年マガジン
 http://www.shonenmagazine.com/
posted by MEI at 01:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | コミック・書籍

2004年12月30日

12月30日の読了物。機動旅団八福神など4冊

 4冊。機動旅団八福神1巻、ホムンクルス4巻、羊のうた3巻、医龍3巻。

機動旅団八福神 1巻 (1) 機動旅団八福神 1巻。何ヶ月か前に買ったコミックビームで面白かったので単行本をと思って、ようやく発売されました。ただ、読了後は私の購入コミックの中ではEDENに次ぐ理解が難しい作品に(苦笑)。とりあえず今のところは、主要登場人物の紹介という感じで宜しいんでしょうか?そして、半井とフルチン君がポイントになる感じで良いんでしょうか?と、2度読んでも疑問づくし。次巻が楽しみです。

 ホムンクルス4巻。女子高生ユカリとの攻防続く。攻防が続きすぎて、こちらも読んでいて置いてけぼり感襲われる次第。細かく読み返してないので自信がないですが、母親が「ユカリ」というまで、主人公と相方含めて誰も名前を呼ばれていない気が。

 羊のうた3巻。それぞれの思いと別れが交錯しつつ、一砂と千砂がいよいよ暮らし始めるところ。ともに砂がつくのは、やはりストーリー上何か関係があるのだろうかと、少し考える。

 医龍3巻。外国人患者引き受け問題を端に発して、外様の救急救命部教授が新キャラとして登場。朝田を引き入れて、部の売り上げを伸ばしたいという思惑があるのかどうか。それとも違うのかというのは以降の巻で分かるんでしょうな。とりあえずバティスタ治療への始動が始まった巻で、研修医の伊集院さんの苦悩もあわせて始まる。で、またも比較になりますが、ブラックジャックは医療における政治がメインな作品なんだろうかと医龍を読んで思うわけで、医龍は政治もあるけどそこは深く触らずといったところですかね。ところで、内科医の従兄弟さまの給与を聞いて、驚愕。馬車馬度を考えると納得といえば納得ですが、低給とは言え自分のトリプルスコアの額を貰ってると知ると、さすがに少々震える。
posted by MEI at 00:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | コミック・書籍

2004年12月29日

12月29日の読了物。じゃりン子チエ4冊

 4冊。じゃりン子チエ18〜21巻。

 18巻。カルメラ兄弟のラーメン餃子店開店に向けての巻。後半部分は何か何度も読んだような感覚にとらわれる。これはCSで何度も流れていたアニメ版を何度も流し見していた影響かも。

 19巻。ラーメン餃子店の店名決定から始まる。店名は巻名で何となくは分かったものの、おもしろおかしくその過程が描かれているのは流石だなと改めて認識してみる。中盤はマサルが引っ越しで、腰巾着が頑張るというお話。親の都合で都合4回転勤していますが、宿替えという単語ははじめて知りました。

 20巻。食い倒れのおいさんのお話。これも何だか見たことがある(苦笑)。拳骨の友人・周センセ登場の回。実はテツと共通点があるあたりが素敵。

 21巻
。催眠術からボーナスに始まり、カルメラ兄弟の出会いのお話にしょんぼりする。ともかくこの二人には頑張って欲しいなぁとつくづく思う。残り二十数巻でどうなるか楽しみ。
posted by MEI at 23:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | コミック・書籍

2004年12月18日

12月18日の読了物


 とりあえずこの3冊で読了在庫は終わり。ルサンチマン3巻、医龍2巻、EDEN7巻。

 ルサンチマン3巻。2巻とのスパンがあったので、一瞬神崎陽一郎が誰だか忘れる。その後読み進んで、何とか思い出したものの、2巻とのつながりが見えず3巻→2巻終盤へと読みふけってみたり(苦笑)。あぁ、なるほど、そういうことか。1、2と比べると、ネット世界の内容はそれほど深くはないけれど、バーチャルにリアルが入ってくると実際こんな状況が生まれるのかもですね。次巻は春発売予定。どうやら、12月売りだとか言うのは誤報だった模様。スンマセン。

 医龍2巻。とりあえず、看護婦氏、新人医師氏に加えて、バチスタ手術のチームに新メンバーが加入の巻。とはいっても、まだまだバチスタ手術に入る気配もなく、医局がらみのネタをいくつかといった感じ。それにしても新加入な方が良い感じにマッチョなのは素敵すぎる。

 EDEN7巻。6巻に引き続き、比較的作品に置いて行かれることなく読了。引き続きエリヤがメインで、助けた人物を巡って抗そう中というところで、8巻にも続いていく雰囲気。

 そうそう、じゃりン子チエ18巻。無事購入できました。ただいま読み途中ですが、何だか微妙に既読感にかられるのは、アニメ版で何度も視聴した回だから何でしょうか(笑)
posted by MEI at 01:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | コミック・書籍

2004年12月14日

12月14日の読了物

 いい加減、読み終わったのを記さねば年を越してしまいそうです(苦笑)。というわけで、黒鷺死体宅配便3巻、エマ3巻、EDEN6巻、医龍1巻。

 黒鷺死体宅配便3巻。2巻とは異なり、複数話を収録。2巻までと比べると、きつめの描写に少し慣れてきました。そのせいもあり、面白いから普通と印象が変わってきたり。ややハッキングの過程があっさりしすぎてるのと、元刑事のやくざ風公務員というのがベタなのかなぁ。

 エマ3巻。ロンドンを離れて、新しい職場に就いたところで再び……。そういえばアニメ化はいつだと思って公式サイトを見たら、春だった。春って1月?4月?。って、こんな催しがありますか、そうですか。

 EDEN6巻。5巻、よりは理解できたかな(苦笑)。うーむ、難しい作品です。そして毎巻ごとに(´・ω・`)な死に方やいたぶられる方が多い。段々と主人公(?)のエリヤが行動の主軸になっている印象。

 医龍1巻。連載当時から気になっていたのですが、結局誌面ではチェックせず今に至ったわけで。恐らく同時期連載開始のブラックジャックによろしくをモーニングで読んでいたのもあったんでしょうね。で、医龍はというとどちらかといえば、さっくり読める医療系マンガって感じで、個人的にはこういうノリの方がすきですね。社会派マンガは社会派マンガで良いですけど、医療に関してはこちら寄りであります。

 ちなみに先週末にじゃりン子チエを追加購入したんですが、誤って1巻とばしてしまったので買った2冊に手をつけることができないのです(泣
posted by MEI at 23:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | コミック・書籍

2004年12月09日

1月発刊のコミック購入メモ

・7日
 スーパーOLバカ女の祭典4巻
 :多分発売週買い。

・28日
 極道一直線3巻、覇 -LORD-1巻
 :前者は確実ですが、後者は気が向いたらという感じ。

・31日
 御緩慢玉日記1巻
 :これを買う前にしあわせのかたち以降の単行本を買わなければならない気も(苦笑)
posted by MEI at 00:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | コミック・書籍

2004年12月01日

12月1日の読了物

12月1日の読了物 ごろごろと読みためていたら半月経っていました……。で、げんしけん5巻、デスノート4巻、よつばと3巻、シャリー。そして、モーニング組のチーズスイートホーム1巻、働きマン1巻、エレキング4巻。

 げんしけん5巻。巻が進む毎にどんどん面白くなっていきますねぇ。特に5巻は荻ちんが大変良い味を出しています。内容的には主人公格?の笹原が3年になり、コミフェスに同人誌を発行したりと中間期を超えた雰囲気で、やはり4年まで行って卒業したら終了ということになるんでしょうか。続けるとしても、卒業後を描くよりは世代交代で進めていった方がおもろいのかもしれません。

 デスノート4巻。こちらも巻が進む毎に作品にどんどん引きずりこまれていいくわけでして、第2のキラなどなどなわけです。

 よつばと3巻。単行本の帯に日めくりカレンダー発売のおしらせがあり、来年のカレンダー候補が決まり一安心。現世の季節は冬ですが、作中は基本的に夏で進行しております、花火や花の回が個人的にはヒット。

 シャリー。エマ作者の短編を集めた作品。巻末にある筆者談コミックで、各回のよもやま話がつづられているのもエマと同様。作品に加えて、実はこの部分を読むのも楽しみだったりします。

 モーニング組。チーズスイートホーム1巻は、表紙の通り猫マンガ。正直、猫にあまり愛情を感じないタイプですが、この作品の猫は実に良いです( ̄▽ ̄)。働きマン1巻。個人的には主人公を中心に展開、と思っていたんですが、実は各回ごとに主軸となる人物が変わっているわけですね。

 エレキング4巻。ねこ氏、赤さん、おいさん、41歳学生のメインキャラクターが登場しない回も増えてきたり。長期連載となるとマンネリ化してしまう面もありますが、やはりこの4人を抜きにしてエレキングはありえないので何とか頑張っていただければ嬉しい次第。
posted by MEI at 01:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | コミック・書籍

2004年11月19日

12月発刊のコミック購入メモ

・24日
 ホムンクルス4巻、ルサンチマン4巻
 前者はようやく、後者は2カ月連続?ってことで。

・25日
 機動旅団八福神1巻
 以前、コミックビームを一見さん購入したときに面白かったので購入。

とりあえず3冊くらいでしょうかね。あとは新規探索活動にいそしみます。
posted by MEI at 00:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | コミック・書籍

2004年11月16日

11月16日の読了物

11月16日の読了物 アマゾンで大量購入したコミックもようやく片づいて参りました。黒鷺死体宅配便2巻、あたしンち3巻、羊のうた2巻、ケロロ軍曹6&7巻、じゃりン子チエ16&17巻。

 1巻とはうってかわって、1冊で1篇。会長の佐々木さんまわりのお話。1巻でなれたせいか、そこまで死体で驚くことはありませんが、やはりゾクゾクはしますな(謎)

 あたしンち3巻。じゃりン子チエ同様に原作とアニメの双方が非常に良いできだった場合、どちらを取るか悩んでしまう私。あたしンちの場合は後者をとっていたので、実に1年ぶりぐらいに巻を買い足した感じ。これだけ間が空くと、アニメがかなり進んでいることもあり、この回のここはこう演出が加わったんだなぁとか感じてしまったり。

 羊のうた。そ、そうか。こういう話だったのか、まったく違う内容を想像していました。でも良い意味で期待を裏切られ、非常にのめりこんだのでタタタタっと全巻揃えてしまう雰囲気。

 ケロロ軍曹。6巻最終話にドラえもんの某ストーリーを思い出し、7巻を急いで購入してみる。結果、そこまで感動はなかった。ようやく5人がそろったわけで、それはそれで7巻を購入してきて良かった。でも、月刊誌の単行本でこの切り方はちょいとどうだろう。単行本ベースの読者は気になりまくりですよ。

 じゃりン子チエ。カルメラ兄弟がんばれ、と。ともかくそう思った。オイラも頑張ろう。
posted by MEI at 01:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | コミック・書籍

2004年11月06日

的場健「寝小魔夜伽草子」

寝小魔夜伽草子“ねこまよとぎそうし”と読むそうです。

 ざっくり1年と少々前に、たまたま手に取ったコミック乱9月号にたまたま読み切りとして掲載されていた的場氏の寝小魔夜伽草子。その後も数号は掲載されないのかと、チェックはしていたものの、いつの日か忘却。

 しかし!しかし!、天は我を見放さずずず。つーわけで、今週久しぶりに手を取ってみたコミック乱にて新作掲載ですよ! しかも最終ページに第1話とあるので、今後連載される予感大。不定期かもしれませんが、来月以降のコミック乱発売日が楽しみです。

 ちなみにお話自体は江戸時代を舞台にした作品で、主人公は1年前の読み切りと同じお玉さん。性格は少し丸くなった気もします。
posted by MEI at 00:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | コミック・書籍

2004年11月04日

11月発刊コミックの購入予定メモ

・1日
 黒鷺死体宅急便4巻
 :2巻未読なので、購入は12月頃?

・4日
 デスノート4巻
 :月末ぐらいには

・22日
 働きマン1巻、エレキング4巻、チーズスイートホーム1巻、げんしけん5巻、はるか17歳4巻
 :モーニング不定期連載組とげんしけんは即購入の予定

・27日
 よつばと!3巻
 :同上

・30日
 ルサンチマン3巻
 :良い感じに今を体現している気がする作品。読むと自分の駄目っぷりにしょんぼり(´・ω・`)

今回からSNSにブログのリンクを張る。それにしても、知らぬ間に買うべきコミックが増えたなぁ。
posted by MEI at 23:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | コミック・書籍

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。