Google
 

2005年03月21日

ミュシャ財団秘蔵ミュシャ展

ミュシャ展東京都美術館。3月27日まで。

 2月の頭に行きたいと思い、その翌週ぐらいに前売りチケットを買ったものの、寒かったり、眠かったり、寝過ごしたりと、ダラダラと先延ばしにしていたら閉幕間近に。

 さすがに最終2日は混むだろうと思って、眠い目をこすりながら行ってみたわけですが、やっぱり行って良かったなと。再び、自分の人生で美術の才能がないことを当然のごとく魅せつけられたわけで、美術的な感動を表現できる言葉もなく。たぶん、誰かといっていたら、館内で耳にした「これは●●(画家の名前)っぽいよねぇ」、というよりも「もっと大きく描けば見やすかったのにねぇ」とかいう、身も蓋もないことを言っていたのかもしれません……。

 とりあえず気になった人は行っておいた方が良いですな。結局私もカッとなって、当初予定のカタログ以外にもポスター6点とか6000円近く散財。危うく、数万円の額縁入りの絵を買おうとしていました……。


・ミュシャ財団秘蔵 ミュシャ展
 http://www.ntv.co.jp/mucha/
・Mucha museum
 http://www.mucha.cz/
posted by MEI at 23:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇・芸術

2005年03月12日

購入:シティボーイズミックスPRESENTS「メンタル三兄弟の恋」

 結局購入しちゃいました。演出が三木氏から変わってかっがりしたのも数年前だし、何よりTVにはなかなか出られない状況になったりもした斎木しげる氏を観てみたいのもあり、そしてGWは1人旅いくのをやめたので、何かしら予定を割り振らないと暇で死んでしまいますしね(苦笑)

・シティボーイズミックスPRESENTS「メンタル三兄弟の恋」
 5月4日19時公演分。
 天王洲・アートスフィア

 席は後ろ目だが、中央よりなのでまぁ良いでしょう。どうせ1人だし(´・ω・`)


・KITARO'S HOMEPAGE=PINKY YELLOW
 http://www.kitarou.net/
posted by MEI at 20:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇・芸術

2005年03月11日

サントラ「20世紀のシティボーイズ」

 そういえば先週末に今年の公演のチケットが発売されていたようで。以降に、残っているようならばと思ったら、どこもすでに予定枚数を終了していました。唯一、楽天チケットで残をみかけましたが、手数料が960円とe+と比較にならないくらい高かったのでスルー。(*追記:ローソンチケットで売ってますたので、購入検討中)

 さてさて、今回購入しちゃってみた「20世紀のシティボーイズ」ですが、2枚組のうち2枚目は予想通り、すでに購入していた「真空報告官P」「夏への無意識」「ウルトラシオシオハイミナール」のサントラのダイジェスト版のご様子。

 とはいっても、そもそもの主目的が97年公演「Not Found」の楽曲が聴きたいということだったので個人的には問題なし。ほか、「鍵のないトイレ」「愚者の代弁者、西へ」「ゴム脳市場」「愚者の代弁者、うっかり東へ」「丈夫な足場」などの楽曲も収録。

 斎木氏による歌唱もふんだんに盛り込まれていたり、無間地獄(大竹まこと・きたろう・中村有志・いとうせいこう)の楽曲も収録されており、演出・三木聡時代の総決算といったところなんでしょうか。この辺で一部楽曲視聴できます。

20世紀のシティボーイズ
シティボーイズ
ポプラト (2005/03/09)
売り上げランキング: 599
通常24時間以内に発送


 なお。iTunes立ち上げて、CD取り込もうとしたらCDDBに登録されてなかった(´・ω・`)。というわけで、自分で書き込んでCDDBに送信してみる初体験を経験してみました。間違ってたらごめんなさい(苦笑)
posted by MEI at 00:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇・芸術

2005年02月15日

前売購入:東京ハートブレイカーズ「黒くやれ」

 4月末とえらい先ですが、Web予約&振り込み完了したのでメモメモ。

・東京ハートブレイカーズ「黒くやれ」
 4月24日14時公演分。
 中野ポケット。

 さて、あとはシティボーイズをどうするかどうかというところですが、通常販売で余ってたら行くかどうするかってところでしょう。場所も場所だしね。
posted by MEI at 23:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇・芸術

2005年02月12日

大塚初来訪。カプセル兵団「ドラゴンロード」

大塚 自分が行った&通った所だけ認知する俺日本地図ではないですが、今回初めて山手線、大塚駅に降りてみた次第。それまで大塚といえば、駅名と同じ名字を持つ小学生時代のO-TUKA君、妙なイントネーションでPRする大塚美容外科と、塾の四谷大塚くらい。

 開場まで時間があったので、初の大塚をすこしばかしぶらぶら。母様が通っていたという文京高校の入り口が大学な雰囲気に驚いてみたり、都電をはじめてみてみたり。でも、駅周辺の範囲ではもう1つ活気のある町ではないかなという感じ。やたらと、バーというか小料理屋というか回転寿司店が連続して並んでいるのに驚いた。

 芝居自体は、観劇前に多大に妄想しすぎてしまったので、すこしばかし「うーん」。パワーマイムと呼ばれる手法に期待していたのですが、期待していたほどのアクション手数はなく。芝居内容自体は、方向性ははっきりしているものの、主人公格二人の扱いが終盤まではっきりすることなく、振り返れば中間部分で個人個人をきちっとはっきりさせていてくれればと、もったいない気もしなくもなく。

 あと、ファントマの芝居を観ていたときにも思ったわけですが、やはり今知られているアーティストの楽曲を芝居で流されるのは個人的に合っていない様子。今回は、ガンダムSEEDであったり、玉城成実であったり楽曲が流れており、帰りに食べによったお店でその楽曲が流れて、ちょいとしょんぼりしてしまう。

 ともかくまぁ、1公演でどうこういうよりも次回公演まで観て判断しよう。
posted by MEI at 00:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇・芸術

2005年01月24日

20世紀のシティボーイズ

 「20世紀のシティボーイズ」なるサントラCDが3月に発売されるご様子。

 イープラスによれば、92年から2000年までの音源を2枚組に収録しているそうで、今もって夏への無意識とか3枚のアルバムを電車内で聴いている人間としてはおさえておきたい所ではあります。

 公演自体はミックスになってからは、全然足を運んでいないわけですが、斎木先生も借金の一件以降、名人を剥奪されたりとあまりテレビでみることが難しい状態が続いており、今年もあるようなら久しぶりに行ってみようかなぁ。
posted by MEI at 00:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇・芸術

2005年01月23日

遊園地再生事業団+ニブロール「トーキョー/不在/ハムレット」

 うっかり2時間の芝居だと思いこんでいたら、開演直前に「本日の、公演時間は、2時間、40分です。休憩は、ございません」とのアナウンスに、場内ざわつき。観劇後思ったのは、シアタートラムの椅子は2時間超の芝居を見るにはちょいと疲れるかなと。

 自分が今まで観たタイプとは、また違う芝居だったので、うまく感想は述べられそうもありません。ただ、シティボーイズの演出もやっていた方でもあるそうで、ところどころ何だか観たことのある雰囲気を感じたりもしたり。

 反復。現在→過去→現在。というような感じで、うまく感想ができないので安直に逃げますが、サスペンスドラマを見ているときに近い印象も感じた。埼玉県北埼玉郡北川辺町という、どちらかといばニッチな町に住む人々が中心の芝居だったからなのだろう。

 それはそうと、帰宅時には下高井戸に出るべく東急世田谷線に乗車(行きは田園都市線)。あまりにも久しぶりだし、路面電車なんか全然乗ってなかったので、三軒茶屋駅の改札にある機械にお金を入れるところ、出てくるところ、「せたまる」とかいうICカードをかざすところとか、いっぱいあって混乱して、駅員に「どうしたら良いか」とか狼狽えながら聞く始末。

 「そのままどうぞ」と駅員に答えられたので、「あぁそうか、降りるときに」と思いそのまま行ったわけですが、どうも下高井戸でも払う場所がなく、途中駅で乗ってくる人は乗車時にお金を払っているわけで。とどのつまり、お金を払わないまま乗車してしまったようだ。むー。
posted by MEI at 21:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇・芸術

2005年01月11日

観劇予定。ロッピーとファミポート

 プールポイントで、その方面の資金を固定化束縛化したので、芝居資金に手を回してみる。

1月22日
 遊園地再生事業団+ニブロール
 「トーキョー/不在/ハムレット
 :前にも買う買ういっといて、シアターガイド2月号を買うまですっかり忘れてました。今週末と思いつつ、家族から駅弁祭りに行けと指令が下ったので22日に変更。そして、観劇後はジムへ。

2月11日
 カプセル兵団@萬スタジオ(JR大塚)
 「ドラゴンロード
 :11日は金曜日ですが、祝日だったはず。チラシに、“数万人の合戦シーン”とか“うなる擬音”とか書いてあって「ピスタチオっぽいなぁ」と思ったら、元ピスタチオの方が主宰だった。とはいっても、ピスタチオの終焉時期(4人芝居とか)しか足を運んでない私にとっては、それ以上の人数でのアクションシーンが気になるわけでして。

 ちなみに2公演は、ロッピーとファミポート(ぴあ)の2端末を使って発券したんですが、それぞれに一長一短なところがありますな。ロッピーは端末が古くからあるせいか通信速度がファミポートより若干遅めで、ローソンチケットの検索方法ももう一つ理解しにくい。私の理解が足らないのかもしれませんが、検索方法によってはその日が売り切れとでたりでなかったりするケースもあり。

 逆にファミポートは、通信速度などは新しい端末だけあり、不満も感じず。公演自体が自由席だったので、座席検索などでのつまづきは今回はなかったです。ただし、ぴあということで、レジで住所・氏名・電話番号を書くのが、かなり面倒。その点は、端末上で電話と名前を入力するロッピーの方が優れていますね。
posted by MEI at 00:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇・芸術

2005年01月09日

TEAM 発砲・B・ZIN「ツカエナイト」

 芝居の後に新宿・山ちゃんで手羽先を食べ過ぎて、胃もたれ。3人で、9皿(45手羽)は食い過ぎ。現在、キャベジン(錠剤)を投入して、胃液と戦闘中。

 そんなわけで、TEAM 発砲・B・ZINのツカエナイト観てきました。前回のカケルエックスと比べるアクション系ではなかったので、大きな動きは少し少なめでしたが、それでもスピード感は十分。喜怒哀楽、起承転結が綺麗につくので、どなたでも楽しめる作品かと。

 2回目という事で、主たる役者の方の判別が大体つくように。でも、工藤氏に関しては役柄のせいで全てキャンセルされて終演後にパンフレット開くまで誰だか分からなかった(笑)。

 余談ですが、本公演。平日が空席が目立つ状況らしい。イープラスでハーフプライスで販売されいて、今日も一部半額だった模様。

 次回公演は、しょんぼりなことに来年3月。その間に、「ハッポウサイ」と銘打ったイベント公演が夏に。芝居後の次回予告演劇の範囲では、今までの作品を劇団自らパロディーして、オムニバスるということで、2回の私には敷居が高そう。でも、流石に1年待ちは長いので行くつもり。

 その後、列車内でパンフをチェック。西田シャトナー氏演出で、保村大和氏、発砲の平野氏が出る東京ハートブレイカーズに行ってみようかと考える。主催の首藤氏は、存じません。すいません(´・ω・`)

・東京ハートブレイカーズ「黒くやれ」:4月19日〜24日
 専用窓口 :2月10日
 Webサイト:2月12日
 一般売り :2月20日

 というわけで観に行ける場合、場所は中野です。と、某2氏にそれとなく伝聞を試みてみる。
posted by MEI at 23:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇・芸術

2005年01月02日

野田地図についていたチラシ

 とりあえず4月前売り、5月公演の中村勘三郎襲名披露興行夜の部「野田版研辰の討たれ」ですかね。チケットは1番上位が、1階桟敷席で22000円。……は、とうてい無理なので、限界は14500円の2等席が限界かも。Webサイト

 その前にまずは、東劇のデジタル上映版「鼠小僧」で購入すべき席種を見極めさせていただければと。何か引き替えがどうとか書いてあるんですが、前売り買って、指定券に変えて貰うという事なんですか。ちょうど明日渋谷に行くので、渋谷ピカデリーの売り子さんに尋ねてみよう。
posted by MEI at 02:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇・芸術

2004年11月15日

先行結果:TEAM 発砲・B・ZIN「ツカエナイト」

 無事確保。12時ちょうどにかけたら繋がらず15分程度で退散。14時頃に再度かけ直したら取れた次第。楽日は案の定売り切れてましたが、楽日ではない日曜日はスムーズに確保できました。振り込み期日は26日まで。連休谷間か仕事の合間を見て振り込みに行きましょうかね。

 あとはシアターガイドで目に付いた遊園地再生事業団の「トーキョー/不在/ハムレット(357-175)」か、加古隆の「白い巨塔コンサート(178-114)」あたりを企み中。丹下左膳は行きたいがちょいと高いし、幻に心も〜は見事に発売日を逃したのでしょんぼり。
posted by MEI at 01:34 | Comment(2) | TrackBack(0) | 演劇・芸術

2004年10月30日

先行:TEAM 発砲・B・ZIN「ツカエナイト」

 病院に行こうと思ったら、薬が一袋未開封あったので延期〜。よって、ちょっと時間があまったので、先行メモ。

 劇団先行予約は11月13日から。郵便振替。連れて行く予定の人間が日曜しか暇がないため、購入は日曜のみと。
posted by MEI at 11:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇・芸術

2004年10月03日

TEAM 発砲・B・ZIN「ツカエナイト」

公演期間:1月7日〜16日
前売開始:11月20日

場所:本多劇場
料金:4200円

http://www.happou.net/html/ope/go_ope.html

いまだにカケルエックスデラックスのテーマソングが
頭から離れません…
posted by MEI at 21:55 | Comment(0) | TrackBack(1) | 演劇・芸術

2004年09月25日

テレビシアター視聴メモ

カメレオンは不幸にも録画ミス(´・ω・`)
浪人街はDVD-RAMがCPRM未対応だったので最初の30秒ほど未録画( ゜д゜)、ペッ! ていうか、DVD-Rはでんのかね。CPRM対応のやつは。

WOWOW:
10月6日深夜4時40分 透明人間の蒸気
http://www.wowow.co.jp/schedule/dhtml/20041006.html
posted by MEI at 02:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇・芸術

2004年09月21日

先行結果

 つーわけで、メルスのチケットは会員先行で希望日を確保することが出来ました。購入権は1会員につき2公演分だったので、ご家族様に1枠を進呈。こちらは平日と言うこともありスムーズに確保できた模様です。

 今回の戦線では、まず販売開始時間からナビダイアルを30分で一時撤退。ちょっとうたた寝してから1時ぐらいにかけると、希望日数のうち28日だけが空いていて滑り込みセーフ。途中、ナビダイヤルにつなぎますと言われてそのまま電話を切られるプレイに吐血しつつも、何とか死ぬことなく生きることが出来ました。

 でもこのナビダイヤル。KDDIやら日本テレコムやらが直収型固定電話サービスをはじめたら繋げてくれるんでしょうか。ないとは思うけど、逆にこういう部分で囲い込みを始めたら嫌だなぁ。

 10月の公演を7月に買い、12月の公演を9月に買う。とりあえずは絶対確保公演をともども確保したので、後はのんびりシアターガイドでも読みながらお芝居を探してみようと思います。
posted by MEI at 00:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇・芸術

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。